読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぞえの技術めも

Ruby on Rails勉強中

【4日目】【1日20分のRailsチュートリアル】サンプルアプリのGitリポジトリをBitbucketにpushした

Ruby on Railsチュートリアル(第3版)

今日はGitリポジトリをBitbucketにpushします。
なくてもいいけど、バックアップも兼ねて、的な。

1.4.3 Bitbucket

Bitbucketのユーザー登録して、Cloud9の公開鍵Bitbucketに設定する。

公開鍵を表示させて、

$ cat ~/.ssh/id_rsa.pub

BitbucketでSSHキーを登録する。

「アカウントの管理」>「SSHキー」

f:id:kt_zoe:20160712124056p:plain

「Label」はなんでも良さそうなので「Cloud9」にしました。

SSHキーが登録できたら早速リポジトリの作成。

f:id:kt_zoe:20160712124236p:plain

「Repository name」は「hello_app」に。

f:id:kt_zoe:20160712124253p:plain

作成したリポジトリにサンプルアプリのソースコードをpushする。
push用のコマンドは「既にプロジェクトがあります」をクリックすると表示される。

f:id:kt_zoe:20160712124355p:plain

タグ付けは要らないかな、と思ったので最後の行はなしで下記コマンドを実行。 Bitbucketのユーザー名によって2行目のコマンドは異なるので注意。

$ cd hello_app/
$ git remote add origin git@bitbucket.org:kz-sue/hello_app.git
$ git push -u origin --all
Warning: Permanently added 'bitbucket.org,104.192.143.2' (RSA) to the list of known hosts.
Counting objects: 64, done.
Delta compression using up to 8 threads.
Compressing objects: 100% (53/53), done.
Writing objects: 100% (64/64), 16.20 KiB | 0 bytes/s, done.
Total 64 (delta 2), reused 0 (delta 0)
To git@bitbucket.org:kz-sue/hello_app.git
 * [new branch]      master -> master
Branch master set up to track remote branch master from origin.

pushが完了すればBitbucketでソースコードが確認できる。(コミットも)

f:id:kt_zoe:20160712124611p:plain

1.4.4 ブランチ (branch)、変更 (edit)、 コミット (commit)、マージ (merge)

READMEファイルの更新をしながらgitコマンドの使い方を覚える項。
ここに時間は掛けたくないのでさらっと読むだけにした。

今日の作業時間は【24分】でした。

次は「1.5 デプロイする」から。