読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぞえの技術めも

Ruby on Rails勉強中

【55日目】【1日20分のRailsチュートリアル】【第7章】ユーザー情報を仮ビューに表示する

Ruby on Railsチュートリアル(第3版)

今日は「7.1.2 Usersリソース」のユーザー情報を表示する仮ビューを作成するところから。

7.1.2 Usersリソース

ユーザーを表示するために、標準的なRailsの場所を使用することにします。app/views/users/show.html.erbです。

ほぅ。

このshow.html.erbファイルは自動的には作成されないので、手動で作成します。

まずファイル作成。

$ touch app/views/users/show.html.erb

ファイルが作成できたら下記内容で更新。

<%= @user.name %>, <%= @user.email %>

ユーザー表示ビューが正常に動作するためには、Usersコントローラ内のshowアクションに対応する@user変数を定義する必要があります。

準備はまだ終わらない。

showアクションを追加して@user変数を定義する。

app/controllers/users_controller.rb

  def show
    @user = User.find(params[:id])
  end

サーバーを起動して

$ rails server -b $IP -p $PORT

<ローカルサーバー>/users/1にアクセス。

f:id:kt_zoe:20161019124120p:plain

ユーザー名とメールアドレスが表示できました!

キリがいいので今日はここまで。
今日の作業時間は【16分】

次は「7.1.3 デバッガー」から。