読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぞえの技術めも

Ruby on Rails勉強中

【139日目】【1日20分のRailsチュートリアル】【第10章】本番環境でのメール送信を試そうとして諦めた

Ruby on Railsチュートリアル(第3版)

今日は「10.3 本番環境でのメール」から。

10.3 本番環境でのメール

アカウント有効化とパスワード復旧の最大の山場であるこのセクションでは、いよいよproduction (本番) 環境でアプリケーションからメールを送信します。
最初に無料のサービスを利用してメールを送信し、続いてアプリケーションの設定とデプロイを行います。

いよいよメール送信!

production環境からメール送信するために、「SendGrid」というHerokuアドオンを使用してアカウントを検証します (このアドオンを使用するにはHerokuアカウントにクレジットカードを設定する必要がありますが、アカウント検証では料金は発生しません)。

ん?Herokuアカウントにクレジットカードの登録がいるの…???

試しにコマンド打ってみたけどやっぱりクレジットカードの登録を希望された。

$ heroku addons:create sendgrid:starter
 !    Please verify your account to install this add-on plan (please enter a credit card) For more information, see https://devcenter.heroku.com/categories/billing Verify now at https://heroku.com/verify 

学習時点でそこまではしたくないので一旦パス。必須になったら考えよう。

この時点で、Gitのトピックブランチをmasterにマージしておきましょう。

本番環境でのメール送信はできないけどマージしておこう。

$ bundle exec rake test
$ git add -A
$ git commit -m "Add password resets & email configuration"
$ git checkout master
$ git merge account-activation-password-reset

続いてリモートリポジトリにプッシュし、Herokuにデプロイします。

メール送信が動かない状態でHerokuにデプロイしても意味ないからリモートリポジトリへのプッシュまでしておくかな。

$ bundle exec rake test
$ git push

リモートリポジトリにpushできたことを確認。

f:id:kt_zoe:20170426123447p:plain

今日の学習時間は【15分】

次は「10.4 最後に」から。わー!10章の終わりが近づいてきたー!