読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぞえの技術めも

Ruby on Rails勉強中

【28日目】【1日20分のRailsチュートリアル】第5章の準備と4.6演習の1.

Ruby on Railsチュートリアル(第3版)

今日は「4.5 最後」から。

4.5 最後に

第5章の準備。

「4.4.5 ユーザークラス」で作成したexample_user.rbは使わないそうなので削除。

$ rm example_user.rb

その他の変更のcommitはしてたのでリモートへpushしてHerokuにデプロイしとく。

第4章用に別ブランチ切ってたのでmasterブランチへのマージしてpush。

$ git checkout master
$ git merge rails-ruby 
$ git push

f:id:kt_zoe:20160829123613p:plain

Bitbucketにpushできた。

念のためテスト実行してHerokuへデプロイ。

$ bundle exec rake test
3 tests, 6 assertions, 0 failures, 0 errors, 0 skips
$ git push heroku

これで第5章の準備できた。

4.5.1 本章のまとめ

「“deified”」という単語は回文である

これ要る…?w

4.6 演習

今回の演習多いな…4つもある。。。

  1. リスト4.14のコードにあるすべての疑問符を、それぞれ適切なメソッドに置き換えて、与えられた文字列の文字をシャッフルする関数を作成してください。ヒント: splitメソッド、shuffleメソッド、joinメソッドを組み合わせてみましょう。
>> def string_shuffle(s)
>>   s.?('').?.?
>> end
>> string_shuffle("foobar")
=> "oobfra"

文字列シャッフルについては「4.3.2 ブロック」の最後に解説あったよね…てことで「4.3.2 ブロック」見つつ書いた。

>> def string_shuffle(s)
>>   s.split('').shuffle.join
>> end
=> :string_shuffle
>> string_shuffle("foobar")
=> "robfao"

ちゃんと動いた。良かった。

演習の途中だけど今日はここまで。 今日の作業時間は【23分】

次は「4.6 演習」の2.から。