読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぞえの技術めも

Ruby on Rails勉強中

【38日目】【1日20分のRailsチュートリアル】【第5章】ユーザー登録用URLの変更と5章の内容をコミット&push&デプロイ

Ruby on Railsチュートリアル(第3版)

今日は「5.4.2 ユーザー登録用URL」から。

5.4.2 ユーザー登録用URL

5.4.1のコードにより、新規ユーザー用の動作するページが/users/new にできました。
ここで表5.1を思い出していただきたいのですが、URLは/users/newではなく表のとおりに/signupにしたいと思います。

ということで新規ユーザー追加のURLを/signupにする。

config/routes.rb

  get 'signup'  => 'users#new'

signupページへのテストは演習に回すことにします

テスト駆動開発は演習で。

'#'で作成していたリンクをsignup_pathに置き換え。

app/views/static_pages/home.html.erb

  <%= link_to "Sign up now!", signup_path, class: "btn btn-lg btn-primary" %>

最後にsignupページ用のビューを更新。

app/views/users/new.html.erb

<% provide(:title, 'Sign up') %>
<h1>Sign up</h1>
<p>This will be a signup page for new users.</p>

f:id:kt_zoe:20160912123756p:plain

5.5 最後に

第5章の変更をコミット。

$ bundle exec rake test
6 tests, 14 assertions, 0 failures, 0 errors, 0 skips
$ git add -A
$ git commit -m "Finish layout and routes"
$ git checkout master
$ git merge filling-in-layout

Bitbucketにプッシュ。

$ git push

f:id:kt_zoe:20160912123811p:plain

Herokuへデプロイ。

$ git push heroku

本番環境へもアップできました。

f:id:kt_zoe:20160912124107p:plain

5.5.1 本章のまとめ

Bootstrapフレームワークを使うと、いい感じのデザインを素早く実装できる

Bootstrapフレームワーク便利だねー。

今日の作業時間は【23分】

次は「5.6 演習」から。
そろそろ第5章も終わり!